診療科目

避妊去勢手術

避妊・去勢手術

不妊手術を行うことで性ホルモンに関連する病気の発症リスクを下げることができます。
また、問題行動の緩和や解決に至る場合もあり、愛犬・愛猫との暮らし易さにつながることも期待できます。将来的に繁殖のご予定がない場合は、去勢・避妊手術をお受けになることをおすすめ致します。

ただし、一度不妊手術を受けると、その後子供を設けることはできません。
家族の一員であるわんちゃん・ねこちゃんと、どのように暮らしていくかを慎重に検討し選択されることをお薦めします。

手術可能な時期

生後6か月過ぎに避妊・去勢手術を行うことをお勧めしています。望まれない妊娠や性ホルモンによる病気を防ぐことができます。

男の子精巣の摘出(去勢手術)
女の子子宮・卵巣の摘出(避妊手術)

避妊・去勢手術のメリット・デメリット

メリット望まれない繁殖を予防する / 性ホルモンに関係する問題行動を抑制する(マウンティング、攻撃性、マーキングやスプレー) / 特定の病気を予防する(男の子…精巣腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニアなど / 女の子…子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など) / 精神的に安定する
デメリット全身麻酔による手術の危険性 / 肥満になりやすくなる / ホルモン性尿失禁(まれ)

去勢・避妊手術の流れ

基本的に日帰りで実施しております。(高齢の場合は1泊入院を推奨します)

午前中にお預け、お昼過ぎから手術、当日夕方(18時頃)にお迎え予定です。 

(ご希望により1泊入院も可能です。)

  • 料金は動物の種類、体重、また手術方法によって異なります。詳しくは、ご来院時、またはお電話にてお問い合わせください。